ムーチョことヤクルトスワローズの中村悠平捕手が古田敦也の背番号27を継承!

スポーツ

2021年のプロ野球で日本一に輝いたヤクルトスワローズのムーチョの愛称で知られる、中村修平捕手が、同チームのレジェンド的な背番号「27」を提示されていることがわかりました。

ヤクルト残留を決めた中村修平

国内FA権を持ったままヤクルトに残留を決めた中村修平捕手に対して、ヤクルト側は粋な計らいとでも言いましょうか、最大限の誠意を見せた形です。

2021年シーズン前に背番号を「2」に変更したばかりでしたが、シーズン通しての活躍と今後に期待を寄せて、背番号が古田敦也氏が背負った伝説の「27」に決まったようです。

ちなみに、この背番号「27」は、2007年から空き番号でした。

ファン歓喜!ネットの声

ところで、なんでムーチョなの?

中村悠平捕手は「ムーチョ」という愛称でファンに親しまれていますが、なぜ「ムーチョ」と呼ばれているんでしょうか?

中村選手を今シーズンの活躍で初めて知った人や、最近ファンになった人も「?」だと思います。

ボクは最初、ナカムラの「ム」からだと勝手に思っていたんですが、どうやら違ったようで、意味はこれだそうです。

これ、湖池屋から販売されているカラムーチョというスナック菓子ですが、実は中村選手はこのお菓子が大好物♪てなわけで、晴れて「ムーチョ」と呼ばれるようになったそうです(笑)。

中村悠平選手のプロフィール

生年月日 1990年6月17日
出身地 福井県大野市
出身校 福井県立福井商業高等学校
サイズ 176cm/83kg
家族 2014年に結婚
横浜DeNAの打撃投手

ヤクルトスワローズの連覇は中村悠平捕手次第?

痺れるような2021年の日本シリーズを見事勝ち切ったヤクルトスワローズ。セリーグ覇者もパリーグ覇者も前年度最下位からの優勝チームということで、話題になっていましたが、日本シリーズは想像以上の好ゲームの連発で、これぞ”プロ野球”という楽しさを再確認させてくれました。

90年代のヤクルト黄金時代はタレント揃いで、その中でもキャッチャーとして一時代を築いた古田敦也捕手は、プロ野球の中心的存在の一人でした。

そんな古田の伝説の背番号「27」を来シーズンから背負う中村選手。本人が目標としてきた古田の背番号を背負うワケですから、喜びと同時にプレッシャーもあるでしょう。

そして、27の背番号を背負うことでチーム連覇という命題もつきまといます。

30代に突入してプロ野球選手として円熟味を増してきて、怪我さえなければますます活躍する予感がします。

いずれ、「27」を継承した選手から、「ムーチョの27」と呼ばれるくらいの活躍を期待したいと思います。

紫ナスビ
紫ナスビ
ブログ村ランキングに参加してます。応援クリックして頂けると、とても励みになります。よろしくお願いいたします!ブログランキング
スポーツ
シェアお願いします♪
コレナウ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました