【NHKが映らないテレビ】TVチューナー非搭載のAndroidTVがドンキホーテの情熱価格から12月10日発売

トピック

ドンキホーテのオリジナルブランド「情熱価格」から、TVチューナー非搭載のAndroidTVが12月10日に発売されます。

「NHKが映らないテレビ」というコンセプトのテレビは数年前から存在しますが、今回「AndroidTV機能搭載チューナーレス スマートテレビ」には、どのような特長があるのでしょうか?

テレビのようでテレビじゃない?

「あえてテレビチューナーを外したネット動画専用のスマートテレビ」という位置づけで、近年契約者が増加しているネット動画の視聴に特化した「ネット動画TV」です。

AndroidTV機能搭載

AndroidTV機能搭載なので、テレビのリモコン一つで「NETFLIX」や「amazon prime video」「You Tube」を含む、その他の対応アプリも全部視聴することができます。

視聴には、各配信サービスと契約する必要があります。

HDMI端子を3機搭載

ゲーム機やパソコンの画面も表示することができます。また、chromecast搭載なので、スマホの画面も表示可能となっています。

サイズは24型と42型の2種類

24型「TSM-2401F2K」 21,780円(税込)
42型「TSM-4201F2K」 32,780円(税込)

詳細スペック

NHK絡みのネットの反応は?

TVチューナー非搭載テレビが今後の主流か?

結局、これはAndroidTV機能搭載のテレビというより”ネット動画用モニター”といったほうがしっくりきますね。

ネットや流行には疎いボクでさえも、ネット動画を見る時間がテレビを見る時間よりも、完全に多くなっています。

ということで、NHKはまず見ることがないですね。ただ、同居の母親が”朝ドラ”を欠かさず見てますけど(苦笑)。

まあ、いずれにしても近い将来かは分かりませんが、動画配信会社や動画コンテンツを視聴者が選んで、個別に楽しむというライフスタイルがスタンダードになるとは思います。

そして、そんな時代になったら、ネット動画視聴専用のスマートテレビが主流になるでしょう。

 

紫ナスビ
紫ナスビ
ブログ村ランキングに参加してます。応援クリックして頂けると、とても励みになります。よろしくお願いいたします!ブログランキング
トピック
シェアお願いします♪
コレナウ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました